憩いのホームページ −久保田三千代−

前の月へ|2007年07月|次の月へ

過去ログ一覧へ戻る | 「憩いの風物」にもどる

鬼灯
2007年07月31日(火)
鬼灯
 梅雨明け後、青々と育った稲で美しい青田の畦、雑草も勢いよく伸びています。去年はこのあたりに鬼灯が赤く実をつけていたのになあ、と雑草を見ながら歩いていますと…! ちらりと赤いものが見えます。ああ、今年も生っています。草に覆われて見えにくいのですが、草に負けじと一生懸命実をつけています。結構大きい実。うれしくなって撮りました。
夏休み
2007年07月30日(月)
夏休み
 夏休みになって2回目の日曜日だった昨日は参議院選挙の投票日でした。早めに投票を済ませようと投票所の岡山市立興除小学校へ。
 体育館から出て歩道から学校に目をやりますと、校庭に子どもの姿はなく、大きな遊具だけが手持ち無沙汰げに見えます。
 校庭の西隅に植えられているキョウチクトウや松や桧から蝉の大合唱が聞こえてきました。
 
細谷川
2007年07月29日(日)
細谷川
 吉備津神社の南に考霊天皇皇子吉備津彦命御陵(地元ではただ「御陵」と呼んでいますが、正しくは「茶臼山古墳」)のある吉備中山があります。そこに流れている小さな渓流がこの「細谷川」。
 流れに沿ってゆるい坂の遊歩道を歩くと、うっそうと繁った木々の間から小鳥の囀が聞こえ、木洩れ日もちらちら。足元には四季折々の草花、それとその下にこの名前のとおりの「細谷川」を見ながら歩きます。体中が綺麗な気で満たされるような心地よさです。
 古来多くの歌人がこの細谷川を詠っています。
「思ひたつ吉備中山遠くとも細谷川の音づれはせよ」新千載集 三善資連
吉備津神社の回廊
2007年07月28日(土)
吉備津神社の回廊
 月一回の吉備中山探鳥会では、吉備津神社の駐車場に集合後、必ずこの回廊を通って吉備中山に向かいます。
 本殿、お釜殿などの社殿群をつなぐ総延長398mの回廊で、県指定の重要文化財。1357年の再建といわれ、吉備津神社の社殿の中では最も古いものです。
 ゆるい下りになっている回廊の東側てのえびす宮の回りにはアジサイ園や、横穴式古墳が、西側てにはお釜殿、弓道練習場、ボタン園などがあり、さまざまな野鳥もやってきます。先日も探鳥会の仲間が20数名集まってゆっくりと探鳥を楽しみながら中山へ向かいました。
ノグルミ
2007年07月27日(金)
ノグルミ
 ノグルミは以前、他の木の実と一緒に熟して茶色になったものを載せたことがあります。それは地に落ちていたものを拾ったものでしたが、これはまだ若い果実。ついこの間までたくさんの薄黄緑色の花序を上向きにつけていたことを思うと、その成長の早さに今さらに感心します。
 中にある種子は松かさ状の麟片が開いて落下し、風で運ばれます。オニグルミは食べられますが、このノグルミは食べられません。
ナメクジ
2007年07月26日(木)
ナメクジ
 「ヘビトカゲミミズにナメクジ大嫌い」だった私ですが、最近ミミズやナメクジは許せるようになりました。ぬめぬめした感じが苦手でまだ掴んだりは出来ませんが、じっと見ている分には問題ありません。
 ただ、ナメクジは庭の花や葉を食べてボロボロにするのが困ります。いい子にしてないと葉っぱごとちぎられて潰されちゃうぞ。
 「越し方の悔い引きずりてナメクジラ」三千茶
(これは立ち木ベゴニアの葉芽にくっついていたもの。拡大して見て下さい)
アオスジアゲハ
2007年07月25日(水)
アオスジアゲハ
 黒地に青白い筋が一本入った美しい蝶。吉備中山の岡山県吉備文化財センター」付近で見つけました。
 いつもは樹木や花の周りをめまぐるしく飛び回ってなかなかカメラに収まってくれませんが、吸水の時はじっとしているのです。この時も私たちがすぐ近くを取り囲み、カメラを近づけても飛び立ちませんでした。ただ、他のアゲハチョウとは違って、吸水の時は羽を閉じるのが残念。
 幼虫は公園や学校によく植えられているクスノキを食べるので、都会でも普通にみあっれる蝶です。
ケリ
2007年07月24日(火)
ケリ
 吉備中山探鳥会からの帰り道、田んぼの傍の歩道にいたケリを見つけて慌てて車をバックさせました。もちろん、驚かせないように静かにゆっくりと。
 3メートルぐらいまで近づいても飛び立つ様子はありません。お蔭で長い黄色の脚や、赤い目、黄色で先が黒い嘴まで見ることが出来ました。
 わが家の田んぼにも巣を作っていますが、近づくと「キキキキ」と甲高く鳴いて飛び立ってしまい、姿をはっきり見たことがなかったのです。ラッキーでした。
収穫
2007年07月23日(月)
収穫
 台風4号にもなんとか耐えてわが家の超ミニ菜園の野菜はただいま次々実っています。
 今日の収穫は、大きなトマト3個、茄子、長いの2個、丸いの1個、胡瓜、イガイガがしっかりあるの2本、あまりないの1本、ピーマン3個でした。けっこう立派でしょ?!
 他に何を植えてるかって? ハイ、他にはニガウリとハヤトウリ。ニガウリは今黄色い小さな花を一杯付けています。もうすぐ食べきれないほど実をつけてくれるでしょう。ニガウリは勢い良く蔓を伸ばしていますが花はまだのようです。秋には収穫出来るはずですが。。。
カマキリ?
2007年07月22日(日)
カマキリ?
 網戸の内側に停まっていた小さな緑色の昆虫。あんまり小さくて(体長2,5cmぐらい)老眼の私には肢の細部がよく見えません。それでなくてもバッタとカマキリの区別さえつかない虫音痴の私。でも、カマキリのようですね。
 カマキリは時に雌が交尾中に雄を食い殺すという習性をもつ(動くものは全て餌とみなすのだそうな)ことからちょっとおどろおどろしいイメージですが、このカマキリはか細くて、そんな生命力があるもののようには見えませんでした。ひょっとしたら雄?
こんなキノコが!
2007年07月21日(土)
こんなキノコが!
 先日、吉備中山探鳥会に参加したのですが、私は鳥のいる頭上の木々や空よりももっぱら草花の見える足元を見て歩く、不良「野鳥の会会員」なのです。
 細谷川に沿ってゆるい坂道を登っていくと御陵(吉備津彦命の墓)に続く細い山道があります。その山道には色々なキノコが顔を出していました。中でもこのキノコは色といい大きさといい、他を圧倒して目立つものでしたが名前が分かりません。どなたかご存知の方、教えてくださいな。
七夕竹
2007年07月20日(金)
七夕竹
 太陽暦の七夕は終わりましたが、福田公民館にまだ七夕竹が飾られていました。福田小学校の児童が書いた短冊がいっぱいつけられています。
 中には「おべんきょうがじょうずになりたいな」というのがあって、つい笑ってしまいました。
 それにしても彼らの願い事の多くが勉強や成績に関することだったのには、何か考えさせられます。
 「図書館の七夕竹や忘傘」三千茶
ヨットハーバー
2007年07月19日(木)
ヨットハーバー
 ここは牛窓のヨットハーバー。瀬戸内はもちろん西日本でも最大級のスケールを誇ります。常時400隻のヨットが係留できます。合宿所や研修施設もあり、スクールやレースなど色々なイベントも行なわれています。
 これは、小高い丘に建つ牛窓ホテル3階から見下ろした眺めです。遠くヨットが2〜3隻帆を張っていました。
 「白い帆の三角定規夏休み」三千茶
唐子踊り
2007年07月18日(水)
唐子踊り
 瀬戸内市牛窓は江戸時代、朝鮮通信使が寄港したことで有名ですが、毎年10月の第四日曜日には江戸時代から伝わる盛大な祭りが行なわれます。見事な彫刻を施された八基の「だんじり(山車)」が引かれ、女物の襦袢を着た男衆がはしゃぎ、老若男女で道は溢れかえります。
 唐子踊りはこの秋祭りのときに疫神社に奉納する稚児舞です。起源については諸説あるようですが、朝鮮通信使についてきた小童が踊ったのを民衆が真似たものという説が一般的のようです。
 この写真は「海友文化館」のロビーに展示されている人形です。海友文化館には朝鮮通信使の歴史資料や文化遺産が展示されています。だんじりも二基ありました。
初めて見たファッションショー
2007年07月17日(火)
初めて見たファッションショー
 トルコツアーではでは3箇所での(トルコ絨毯の店、トルコ石の店、革製品の店)お買い物が組み込まれていました。こういうツアーでは仕方がないのでしょうが、興味が無い(というより金がない?)私などは「こんな所へ来る時間があれば、もう少し違う場所の見学が出来るのになあ……」などとぶつくさ思うのでありますよ。
 で、革製品の店。最終日のイスタンブールは盛りだくさんでそれこそ駆け足なのにこの店でたっぷり一時間。。。でもそれが結構面白かったのです。
 まず、子羊の皮で作られる革製品の素晴らしさの説明。もちろん日本語。それからファッションショーが始まりました。プロのモデルではないということでしたが、すらりと美しい女性モデルが三人、逞しい男性モデルが二人、軽快な音楽にのって入れ替わり立ち替わり現われます。いわゆるモデルウォークというのでしょうか? ホホウ、初めて見ます。
 途中、彼らは客席の私たちに舞台に上がれと声をかけました。どうやらモデルにするようです。三人の男女が舞台の裾に消えて、次に現われたときは皮のブレザーやコートを見事に着こなして堂々と歩いたのには驚き!!くるりと回って見せるのも堂に入っています。もちろん拍手喝采です。みんなやるねぇ。。。
 
ガラタ橋
2007年07月16日(月)
ガラタ橋
 トルコ・イスタンブールの金角湾河口に架かる橋。旧市街と新市街を結んでいます。1992年に架けられたそうです。1845年に架けられた一代目のガラタ橋は新ガラタ橋が架けられた直後消失したとか。
 橋は二重構造で、一階部分はシーフードレストランが軒を連ねています。釣りのスポットとしても人気が高く、大勢の釣り人で賑わうところです。
 この橋をボスフォラス海峡クルーズでくぐったのですが、橋の上も通って見たかったなあ。。。
わが家の被害
2007年07月15日(日)
わが家の被害
 来るぞくるぞ、と台風4号の予報におびえ、庭のプランターを何とかしておかなくちゃ、と私なりに準備をしたのです。ああ、それなのに……。
 このコニファー、背丈は1,5mほど、陶の重い植木鉢で塀の外に置いてありました。風当たりの少ないところへ移動させようとしてはみたのです。でもあまりに重くて動かない。はあ、これだけ重いのだから倒れることはあるまい、と思ってそのままにしておいたのが間違いでした。
 昨夜はビュービュー吹き荒れていた台風4号。耳元に聞こえる嵐の音に、トマトやキューリはもう諦めよう……などと眠れぬ夜が明けて。。。一番に見たミニ菜園。斜めにはなっているもののかろうじて立っているトマトやキューリにホッとして、さて玄関の外。ヒャー! 大丈夫なはずのコニファーが……!
 考えてみればそれもそのはずですよね、地に生えている木の根っこから持ち上げて倒すほどの力を台風の風は持っているのですから。。。それにしても岡山では何メートルの風が吹いたのでしょうか。
ホテルからの眺め
2007年07月14日(土)
ホテルからの眺め
 トルコでの2泊目はコンヤ(今夜ではありませんゾ)でした。世界遺産のカッパドキアを見た後、シルクロードをひたすら走って3時間半。ホテルに着いたのは8時10分でした。でもまだ日は沈んでおらず、外は明るいのです。
 3階の部屋のベランダから眺めた庭や街並は南国的な情緒に溢れ、旅の疲れを癒してくれるようでした。(遠くにモスクのミナレット(尖塔)が二本見えています。拡大して見て下さい)
金角湾の噴水
2007年07月13日(金)
金角湾の噴水
 トルコ、イスタンブールの「金角湾」の噴水です。
 金角湾は、牛の角のような形の湾に夕日が映るとき、湾全体が黄金色に輝いて見えることから名付けられたのだそうです。この日はまだ日没には間があったため夕映えを見ることはできませんでしたが…。
 旧市街の桟橋から写した海上の噴水、向こうに見えるのはイスタンブールの新市街です。
バザールのおじさん
2007年07月12日(木)
バザールのおじさん
 グランドバザールでは4リラだったタイルのマグネットが、エジプシャンバザールでは1リラでした。
 ウワ! 無茶苦茶安い! 財布の中に残っているトルコリラのコイン三個(3リラ)を使いきるのに丁度いい。
 隣の店と張り合って、この店のおじさんは小さな“目玉のお守り”を一個、おまけにつけてくれました。ヤッタネ!
トルコの父子
2007年07月11日(水)
トルコの父子
 カッパドキアのウチヒサールには観光客用の駱駝が一頭いました。歩いたりするわけではなくただ写真を撮るだけのようでしたが。
 駱駝に乗ったトルコの父子。子どもは金髪に青い瞳、顔立ちも西洋人のそれです。ゼルベの谷で話した家族は黒髪、黒い瞳でした。古来、ヨーロッパとアジアの交流点として、人も文化も行き交った地、トルコでは混血も進んだのでしょう。さまざまな顔形、背格好の人がいます。こんなことからも、ああ、トルコなんだなあ、と実感するのでした。
これは何?
2007年07月10日(火)
これは何?
 トルコ、イスタンブールのスレイマーモスクにズラリと並んでいたこの水道蛇口と腰掛のような台。イスラム教徒たちがモスクに入る前に手足を洗い、口をゆすいで身を清めるための場なのですね。
 ああ、日本でも同じだ……と感動したりして。でも日本の神社にあるものの方が風情はあるなあ。。。
グランドバザールで
2007年07月09日(月)
グランドバザールで
 イスタンブールのグランドバザールは観光客向けの市場になっているのでしょう。我々日本人を見ると「オ嬢サン!安イヨ!」とどの店からも声がかかります。英語もフランス語も中国語も商売用の言葉ならできるのではないかしら? と思えるほど。それにしても日本語の上手いこと……。
 このさまざまなチャイグラスが店頭にあった店の主人もなかなか上手な日本語でした。安心して値段の交渉をし、上手く値切ったと思って買ったチャイグラス。別の店では半額だったのです。ムムム。。。グヤジー!
トルコ軍楽隊
2007年07月08日(日)
トルコ軍楽隊
 もう20年ほど前のことになるでしょうか?NHKのTVドラマで向田邦子の「阿修羅」が連続放送されたことがあります。家族の人間模様、男と女の愛憎、その機微が見事にドラマ化されていて、毎回欠かさず見たものです。
 内容とともに強い印象で覚えているテーマ曲は、初めて聞く異国的なメロディでした。
 その「阿修羅」のテーマ曲が流れてきたのです。トルコ、イスタンブールのトプカプ宮殿の中庭に。
 トルコ軍(オスマントルコ時代の?)の軍楽隊です。楽器を奏でている兵士、武器を持つ兵士、指揮を取る兵士。。。それぞれに姿も違います。その華麗かつ勇壮な行進に感動してしばらくついて歩いたのでした。
ブルータイル
2007年07月07日(土)
ブルータイル
 高台にあるトプカプ宮殿からは金角湾に続くボスボラス海峡が見えます。
 広大な敷地の北端に立派なあずま屋がありました。その昔、王達はここに腰を下ろして金角湾に沈む夕日を眺めたのでしょう。
 そのあずま屋のすぐ傍にある割礼式の部屋は壁にタイルが張られています。赤や緑などの色も少しはありますが、ほとんどブルーを主としたデザインで、大変美しいものです。
 ブルーは神の住む空の色としてトルコの人々は特に神聖視しているようです。トルコ石もブルー。お守りの目玉もブルー。タイルもブルー。明日、「旅に憩う」に紹介するブルーモスクももちろんブルーなのです。
有料トイレ
2007年07月06日(金)
有料トイレ
 トルコでは公衆トイレが有料のところもありました。大体50クルシュ(0,5リラ=50円)です。コインが1リラしかない場合は? 大丈夫、ちゃんとお釣りをくれます。
 このトイレはイスタンブールのブルーモスクだったかな?(忘れちゃいました)料金所は地上にあり、トイレは地下でした。
トルコの料理
2007年07月05日(木)
トルコの料理
 寡聞にして、トルコ料理が世界三大料理の一つだと知ったのは旅に出る直前のことでした。中華料理、フランス料理に並ぶルコ料理。どんな料理だろう。期待に胸は膨みます。
 トルコの地での最初の食事はアンカラ市街が見下ろせるレストランでの昼食でした。
 まず、スープ。色々な野菜をつぶして煮込んでいます。美味しい!(スープは毎食必ず出ましたが、どれも美味でした)続いて出てきたのが、この写真の数種類の野菜料理。前菜というわけでしょう。茄子、インゲン豆、ピーマン、ほうれん草、ジャガイモ等々、トマト味をベースにとろとろに煮込んであります。味はどれもグー。
 続いてメーンディッシュのギョフテ。これがパッとしない。ミニハンバーグのようなものが数個。物足りないのです。
「これが三大料理?」とブツブツ言っていますと、Hさんに「格安ツアーなんじゃけぇ文句言わんの」と叱られました。ハイ。
 食事に関する格安ツアーの恨みは旅の最後まで続きます。。。
シュロの実
2007年07月04日(水)
シュロの実
 シュロの花は見たことがありますが、実は初めてです。パムッカレのホテルの玄関前に植えられている棕櫚の木です。今はまだ青い実は、秋には黒く熟すそう…。
 いかにも南国の木と思っていましたが、日本原産のものや中国原産のものなど世界各地にあるようです。
手伝う子ども
2007年07月03日(火)
手伝う子ども
 丁度、トルコの旅が始まった6月15日からトルコの学校は夏休み(三カ月あるそうです)。あちこちで親を手伝う子どもの姿が見られました。
 二人の大人の間に少年が見えます。車の修理の手伝いでしょうか。この後、この少年が外されたタイヤを工場の方へくるくると廻しながら運んでいきました。
 トルコでは親の手伝いをするのは当たり前、アルバイトもほとんどの高校生(中学生も?)がするそうです。(各地のレストランで、まだ幼い表情の少年が先輩の大人に教わりながらボーイをしている姿をよく見かけました)
遺跡で働く人
2007年07月02日(月)
遺跡で働く人
 広大なエフェソス遺跡のあちこちで発掘作業(修復作業?)が進められていました。まだまだこの地下に埋もれている遺跡があるのでしょう。比較的保存状態が良いようです。全部発掘されたらどれくらいの規模のものになるでしょうか。
 この日は気温38度。ワイワイゾロゾロと過ぎていく観光客を尻目に黙々と作業していた男性、ほんとうにご苦労さまです。
トルコの果物
2007年07月01日(日)
トルコの果物
 トイレ休憩をした店で売られていたものです。上左はサクランボ。中が桃。右がオレンジ。下左が青リンゴ、中と右は? 杏かスモモでしょうか?日本のリンゴや桃のよりはるかに小さく、器量良しでもありません。味は?「生ものは果物も駄目!」と言われて、味わえなかったのです。
 ホテルで出されたスイカはしっかり食べました。やや甘さに欠けるようでしたが美味しいものでした。
 これらの果物も自給率100%だそうです。

「憩いの風物」にもどる

mk0167@lily.ocn.ne.jp