憩いのホームページ −久保田三千代−

最新5件

過去ログを見る

アゲハ
2018年04月26日(木)
アゲハ
 今年初めてアゲハを見ました。
 アゲハは一番普通に見られる、顔なじみの大柄なチョウです。全国の、庭や公園、畑の周辺などに生息し、山中より人間の生活している場所で良く見かけます。
 雄は木立や生垣、等の日陰に沿って飛び、蝶道を作ります。
 キアゲハとよく似ていますが、キアゲハは黄色の地にブルーのアクセントがまぶしいほど色鮮やかな姿なので違いが分かります。


これ、なーんだ?
2018年04月24日(火)
これ、なーんだ?
 大きなイタドリをもらったので、子どもの頃を思い出してこんなものを作ってみました。作り方は、 
1、イタドリの皮を剥く。
2、節の部分を真ん中にして、適当な長さ(10僂阿蕕ぁ砲棒擇襦
3、両端から、なるべく細く長く切り目を入れる。
4、3をたっぷりの水に浸け、しばらく置く。
すると、あーら不思議。くるりと巻いて、水車のようになりました。
 塩をつけて食べるのにも飽きると、こんな遊びをしていたのですね。懐かしい思い出です。


鯨島
2018年04月18日(水)
鯨島
 先日、ツツジで有名な倉敷市の通仙園へ行きました。くねくねと曲がる細い坂道を上って行くと、瀬戸内海が見下ろせる丘。ツツジがあちこちに咲いていましたが、もう盛りは過ぎたものが多く、一週間前なら見事だったろうな、とややがっかり。。。
 でも、眼下に見える海と釣り船、遠くに見える島々は、ゆったりといい感じ。右の島は鯨島です。その名の通り、ほんとに鯨に似た形をしていますね。



アオサギ
2018年04月16日(月)
アオサギ
「憩いの風物」の常連中の常連・アオサギが用水の前で何か獲物を狙っていました。近づくとあわてて逃げるふうでもなく、ゆっくり前を歩いてきます。後をついていくと、大きな羽を広げて飛び立って行きました。これはその瞬間ですが、なんだかユーモラスですね。
 飛んでいる姿は、うまく撮れず、残念。。。


ソウシチョウ
2018年04月13日(金)
ソウシチョウ  
 ソウシチョウは関東地方から九州に生息する漂鳥です。
 繁殖期は山地のササが生えるような場所で過ごし、冬期には群れで平地に下りてきます。
 「フィーフィー」または「ジュッジュッ」などと鳴き、クロツグミに似た声で複雑に鳴きます。
 翼に赤い斑がある美しい鳥ですね。漢字で「相思鳥」と書くのも、素敵です。



最新5件

過去ログを見る

mk0167@lily.ocn.ne.jp