憩いのホームページ −久保田三千代−

最新5件

過去ログを見る

ご挨拶
2018年04月30日(月)
ご挨拶
「なるべく毎日更新する」をモットーに続けてまいりました「久保田三千代の憩いのホームページ」は、本日(4月30日)をもって閉鎖致します。
 長年、訪問してくださり、ありがとうございました。
 
 今後は、エッセイ、俳句、短歌等を書くこと、花や鳥の観賞と写真撮影、朗読、演劇鑑賞等の趣味を、ボチボチと楽しんでいきたいと思っております。
 
 どこかで私の顔を見たらお声をかけてやってください。
 
 皆さまのご健康とお幸せを心より祈りつつ・・・。

(写真の花は庭に咲いたシャクヤクの白花です)


シュンギクの花
2018年04月29日(日)
シュンギクの花
 昨秋、畑の隅にシュンギクの苗を植えたのですが、ろくに世話もせず放っていました。そのせいか、冬の寒さのせいか、なかなか大きくならなかったのですが、このところの暖かさで急に大きくなって、ぐんぐん背が伸び、蕾までつく始末。これは食べるより花を見る方が良いかも、と、またまた放置。背丈はさらに伸びて、こんな花が咲きました。キク科ですからやはり菊に似てますね。
 一輪切り取って活け、残りの葉茎はさっとゆでてお浸しにしましたよ。もとも、天ぷらにしたり、鍋物に使ったり、生食もできる、野菜なのですものね。

オオデマリ
2018年04月28日(土)
オオデマリ
 本州中部以南〜台湾、中国に自生する野生のヤブデマリを改良した園芸種で、観賞用に栽培されるオオデマリ。新緑のころ、若枝の先に白い花を手まり状に咲かせます。
 一見アジサイに似ています。貝原益軒の『花譜』には「花はあぢさいに似て、かたち手まりのごとし」と書かれています。 
 別名「テマリバナ」 
「雨の日は雨の色得つてまり花」山田佐人



エニシダ
2018年04月27日(金)
エニシダ  
 春から初夏にかけて、明るい黄金色の花をいっぱいに咲かせるエニシダ。マメ科独特の蝶形花です。漢字で「金雀枝」。
 江戸時代にヨーロッパから入ってきた花で、古くから親しまれています。鉢植えにも、庭に植えて生垣にしても楽しめる、雰囲気のある花。
 古い時代の西洋では、アーモンドの香りがするとして、料理、ビールの香りづけに用いられたそうです。
 花をつけた枝が風に吹かれる様は、黄蝶の乱舞を思わせますね。
 別名「エニスダ」「ブルーム」  花言葉「謙遜」「清楚」「恋の苦しみ」
「金雀枝やわが貧の詩(うた)こそばゆし」森澄雄



モッコウバラ
2018年04月26日(木)
モッコウバラ
 モッコウバラは他のバラとは違い、棘が無く、扱いやすいこと、成長が早いことなどから、アーチやフェンスに利用されますが、ここでは自然に農具小屋の壁に沿ったのか、傍の用水に触れんばかりに垂れています。遠くから見ると、黄色に覆い尽くされたような。。。
 顔を近づけてもほとんど匂わないのも他のバラと違うようです。





最新5件

過去ログを見る

mk0167@lily.ocn.ne.jp